自作パソコン(本格水冷PC)、マイニング、オーバークロック、ゲームとガジェットの最新情報とレビュー

DIYPC(仮)

FastTech - Android tablets, phones, and TV sticks at great prices.

ニュース ハードウェア 自作PC

【自作PC】AMD Ryzen 2000シリーズのスペックとロードマップがリークされる!全モデルAMD Warithクーラーつき小売りパッケージを用意

更新日:

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【自作PC】AMD Ryzen 2000シリーズのスペックとロードマップがリークされる!全モデルAMD Warithクーラーつき小売りパッケージを用意

あさっす。AMDerになってはや一年、いや15年くらい?のわいです。

AMD Ryzen 2000シリーズのロードマップ&スペックがリークされたと海外メディアが報じました。

新たにリークされた資料によると、AMD Ryzen 7 2000シリーズのオフィシャルなスペックと、CPU価格が含まれています。

デスクトップ最上位となる AMD Ryzen 2700Xは369ドルとAMDらしい低価格・高コストパフォーマンスを維持しており、登場に期待がかかりますね。

 

リークされたAMD Ryzen”X" Ryzen 7 2700Xをはじめとするロードマップとラインナップ

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【自作PC】AMD Ryzen 2000シリーズのスペックとロードマップがリークされる!全モデルAMD Warithクーラーつき小売りパッケージを用意

2018年はハイエンドとしてAMD Threadripper 2(第2世代スレッドリッパー)が登場見込み、ミドルエンドCPU帯は”Pinnacle Ridge"、いわゆる”Zen+ CPU"が見込まれ、APUとしては”Raven Ridge"が登場予定です。

2019年にかけてハイエンドは”Castle Peak"となり、ミドルが”Matisse"(これはZen 2世代となる)、APUは”Picasso”へ。そして2020年はミドルが”Varmeer”、APUが”Renoir”と呼ばれるコードネーム群で予定されています。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【自作PC】AMD Ryzen 2000シリーズのスペックとロードマップがリークされる!全モデルAMD Warithクーラーつき小売りパッケージを用意

Pinnacle Ridge Ryzen 5 2000プロセッサーについて。
Ryzen 5 2600Xと2600はどちらも6C / 12Tです。
より高速な「X」バージョンは3.6 / 4.25GHzのベース/ブースト)と95WのTDPの模様。
非Xバージョンは3.4 / 3.9GHzのベース/ブーストで動作し、TDPは65W。

マイニングや科学計算、オフィスワークからゲームまで、低価格帯を支えるローエンド~ミドルエンド帯のCPUです。

空冷クーラーAMD Wraithクーラーも標準付属!?

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【自作PC】AMD Ryzen 2000シリーズのスペックとロードマップがリークされる!全モデルAMD Warithクーラーつき小売りパッケージを用意

最上位モデルは現行の1800X/1700などと同じく、8C / 16T(8コア16スレッド)、ベース3.70GHz /ブースト4.35GHz、TDP 105WのRyzen 7 2700X。ライバルはIntelの Core i7 8700Kとなります。
やや遅れているのはRyzen 7 2700で、コア量は同じだがクロックベースの周波数が低い(3.2 / 4.1GHz)、TDPが65W。つまり今と同じく2700Xは2700の選別品である可能性が高いですね。

また、すべてのRyzen 2000シリーズにはAMD Wraithクーラーの小売パックが提供され、この価格表はそれを含んだものとなる見込みです。

最上位モデルでも4~5万円は弱でクーラーつきと考えるとコスパがよさそうですね。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【自作PC】AMD Ryzen 2000シリーズのスペックとロードマップがリークされる!全モデルAMD Warithクーラーつき小売りパッケージを用意

Ryzen 7 2700XとIntel Core i7 8700Kのベンチマーク比。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【自作PC】AMD Ryzen 2000シリーズのスペックとロードマップがリークされる!全モデルAMD Warithクーラーつき小売りパッケージを用意

既存のソケットAM4 300シリーズマザーボードは、ベンダーがBIOSサポートを提供する場合、新しいPinnacle Ridge(およびRaven Ridge)チップをサポートします。
メーカーは3月中旬からマザーボードと互換性のあるアップグレードBIOSを入手可能で、ASRockとBiostarボードはすでに互換性があるとのこと。


$159.99 for Xiaomi Redmi S2 @GearBest from May 14-18.

ソース



購入

自作PCおすすめパーツ

Intel SSD 760p 256GBモデル

NVME型の新勢力!Intel最新のSSDでWindows 10を高速起動!!

Intel CPU Core i9 7980X(Skylake-X)

いつかは買いたいIntel最高峰のCPU!

ASRock Intel X299チップセット搭載 ATX マザーボード Fatal1ty X299 Professional Gaming i9

ASRock Intel X299チップセット搭載 ATX マザーボード Fatal1ty X299 Professional Gaming i9

-ニュース, ハードウェア, 自作PC
-,

Copyright© DIYPC(仮) , 2019 All Rights Reserved.