自作パソコン(本格水冷PC)、マイニング、オーバークロック、ゲームとガジェットの最新情報とレビュー

DIYPC(仮)

FastTech - Android tablets, phones, and TV sticks at great prices.

ニュース ハードウェア 自作PC

【自作PC】AMD Ryzenz 3000シリーズのCPUは7nm ZEN2アーキテクチャで、最大5000MHzのDDR4メモリースピードをサポートする

更新日:

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【自作PC】AMD Ryzenz 3000シリーズのCPUは7nm ZEN2アーキテクチャで、最大5000MHzのDDR4メモリースピードをサポートする

 

ハロー、自作PC。

AMD Ryzenz 3000シリーズのCPUは7nm ZEN2アーキテクチャで、最大5000MHzのDDR4メモリースピードをサポートするとのこと。

 

AMDは数週間以内に彼らの第三世代Ryzenプロセッサを正式に発表するでしょう、そしてそれは理論的に、より速いメモリサポートを可能にするであろうメモリコントローラへのメジャーアップグレードがあるように思われます。

AMD Ryzen 3000 CPUは、最大5000 MHz DDR4メモリ速度をサポートする可能性があります。

情報はRyzenプロセッサ1usmusまたはYuri BubliyのためのDRAM電卓の作者から来ます。彼は自分のTwitterフィードでAMD Zen 2世代のプロセッサまたはRyzen 3000シリーズの周波数の最大値は5000 MHzであり、UCLKはその半分であるため、1250 MHzに設定する必要があると述べています。メモリクロックとUCLKの違いは、メモリクロックは内部および外部メモリクロックにのみ固有であるのに対し、UMCクロックはユニファイドメモリコントローラに固有であることです。以下はZenベースのRyzen CPU用のクロックドメインのセットです(WikiChip経由)。

  • UClk  - UMC Clock - ユニファイドメモリコントローラー(UMC)が動作する周波数。この頻度はMemClkと同じです。
  • LClk  - リンククロック - I / Oハブコントローラがチップと通信するクロック。
  • FClk  - ファブリッククロック - データファブリックが動作するクロック。この頻度はMemClkと同じです。
  • MemClk  - Memory Clock - 内部および外部メモリクロック。
  • CClk  - コアクロック - CPUコアとキャッシュが動作する周波数(すなわち公示周波数)。

現在、参考として、Ryzen 7 1700は、2400 MT / sメモリを搭載した3000 MHzのコアクロックと1200 MHzのUClkを持っていました(600 MHzが有効)。考慮すべき1つのことは、Infinity Fabricのクロックもメモリのクロックに接続されており、Infinity Fabricは5000 MHzに到達できないため、実際にはメモリのクロックの半分の速度で動作することです。

考慮すべき1つのことは、最大5000 MHzが次世代のRyzenプロセッサで達成できる最大速度である一方で、すべてのCPUがそれらの速度に到達できるわけではないことです。現在考慮しなければならないことがまだいくつかありますが、第二世代Ryzenプロセッサは記載されている4000 MHzの最高速度を持っていますが、それらはそれらの速度に達することができません。LN2を使用してオーバークロッカーだけが5 GHzのメモリ速度制限に達することができるかもしれませんが、消費者の観点からは、これらの速度は到達可能とはほど遠いかもしれません。

AMD CPUロードマップ(2018-2020)

龍禅ファミリー Ryzen 1000シリーズ Ryzen 2000シリーズ Ryzen 3000シリーズ Ryzen 4000シリーズ Ryzen 5000シリーズ
建築 禅(1) 禅(1)/禅+ 禅(2) 禅(3) 禅(4)
プロセスノード 14nm 14nm / 12nm 7nm 7nm以上 5nm / 6nm?
ハイエンドサーバー(SP3) EPYC「ナポリ」 EPYC「ナポリ」 EPYC 'ローマ' EPYC 'ミラノ' EPYC 'ネクストジェネ'
最大サーバーコア/スレッド 32/64 32/64 64/128 未定 未定
ハイエンドデスクトップ(TR4) Ryzen Threadripper 1000シリーズ Ryzen Threadripper 2000シリーズ Ryzen Threadripper 3000シリーズ(キャッスルピーク) Ryzen Threadripper 4000シリーズ Ryzen Threadripper 5000シリーズ
最大HEDTコア/スレッド 16/32 32/64 64/128? 未定 未定
メインストリームデスクトップ(AM4) Ryzen 1000シリーズ(サミットリッジ) Ryzen 2000シリーズ(ピナクルリッジ) Ryzen 3000シリーズ(マティス) Ryzen 4000シリーズ(フェルメール) Ryzen 5000シリーズ
最大主流コア/スレッド 8/16 8/16 16/32 未定 未定
予算APU(AM4) 該当なし Ryzen 2000シリーズ(Raven Ridge) Ryzen 3000シリーズ(ピカソ製14nm Zen +) Ryzen 4000シリーズ(Renior) Ryzen 5000シリーズ
2017年 2018年 2019年 2020年 2021?

次世代X570チップセット - Ryzen 3000シリーズCPU用の新しい家

X470で見たように、Ryzen 2000シリーズプロセッサには、Precision Boost OverdriveやXFR 2.0などの新しいマザーボードでのみサポートされていた機能がいくつかありました。AMDのZen 2ベースのRyzenメインストリームプロセッサフ​​ァミリに新機能が追加されることは間違いありませんが、主なハイライトはPCIe Gen4のサポートです。X570プラットフォームは、これはおそらく新しいのPCIe標準のサポートを搭載した最初の民生用プラットフォームとなり意味すべてのPCIe GEN4ソリューションになります。

チップセットもX570に変更され、Ryzen Threadripper 3用のX499ないしX599チップセットも期待できそうです。


$159.99 for Xiaomi Redmi S2 @GearBest from May 14-18.

新しいRyzen 3000シリーズのラインナップ

  • AMD Ryzen 9 38 **(最大16コア/ 32スレッド)
  • AMD Ryzen 7 37 **(最大12コア/ 24スレッド)
  • AMD Ryzen 5 36 **(最大8コア/ 16スレッド)
  • AMD Ryzen 3 33 **(最大6コア/ 12スレッド)

最低コア数が6コアで最大16コアと初代スレッドリッパーと同程度になり、よりメニーコア化が進んでいきますね。製造プロセスの向上も著しく、次の世代のRyzenにも期待できそうです。

通販はコチラ(Amazon/楽天/ヤフーショッピング)

自作PCおすすめパーツ

Intel SSD 760p 256GBモデル

NVME型の新勢力!Intel最新のSSDでWindows 10を高速起動!!

Intel CPU Core i9 7980X(Skylake-X)

いつかは買いたいIntel最高峰のCPU!

ASRock Intel X299チップセット搭載 ATX マザーボード Fatal1ty X299 Professional Gaming i9

ASRock Intel X299チップセット搭載 ATX マザーボード Fatal1ty X299 Professional Gaming i9

-ニュース, ハードウェア, 自作PC

Copyright© DIYPC(仮) , 2019 All Rights Reserved.